圧縮空気の品質はISO 8573.1に従っています

ISO 8573.1に従った特定の品質であることを示すために、ドットで区切られた3桁が使用されます。1桁目は粒子サイズ、2桁目は湿度、3桁目はオイル蒸気を含む残油量を示します。

たとえば、タイヤの充填には粒子サイズと残油量の両方について品質クラス2が必要ですが、スプレーガンとレーザーカットにはクラス1の粒子サイズと残油量が必要です。クラス4の湿度は工場空気またはサービス空気を使用する一般的な装置には十分ですが、より複雑なエンジニアリングプロセスではクラス2からクラス1の湿度が必要です。

ブランチおよび 装置に対する当社のソリューションでは、通常の圧縮空気の品質基準は、装置の分野によって異なる必要があるとしています。

システムでの圧縮空気の処理

圧縮空気のスケジュールには、すべての可能性を考慮した概要が示されています。圧縮空気に備えた製品を使った、特定の圧縮空気の品質を達成する方法。

圧縮空気は、ほとんどすべての産業で重要なエネルギー源となっています。必要とされる品質は、業界によって、また、装置によって異なります。ただし、最適な製造プロセス、安全なシステム、費用対効果の高い運用に対して望まれることは同じです。当社は、安全で信頼性が高く、世界的に実証された処理技術により、エアーコンプレッサーから装置に至るまで、これらの要件を満たしています。つまり、ユーザーの皆さまの成功は保証されているのです!

ダウンロードする

品質は常に同一ではありません

多くの企業は製造において大きな課題に直面しています。もし製品とプロセスの安全性が圧縮空気の品質に依存しているとしたら、最高レベルの処理を常に確実に行う必要があります。品質保証に責任を持ち、無条件に信頼できる場合にのみ、消費者の信頼を勝ち取ることができます。同時に、プロセスの収益性が企業の将来の事業存続を左右します。適切なエネルギー管理は、何よりも優先されるべき課題です。圧縮空気の生成では、エネルギーコストが総コストの4分の3を超えることが多く、この分野での節約の可能性は大きいのです。BEKO TECHNOLOGIESの測定技術は、これらの可能性を特定するのに役立ちます。

METPOINTシリーズのセンサー

METPOINT DPM

相対湿度と温度を通じて圧縮空気の露点を記録します

より詳しい情報
METPOINT FLM

節約の可能性を評価し、適切なエネルギー管理の基礎を提供し、消費割合の割り当てを可能にします

より詳しい情報
METPOINT PRM

正確で信頼性の高い差分およびシステム圧力の監視

より詳しい情報
METPOINT LKD

高感度超音波技術により、わずかな漏れでも検出可能

より詳しい情報