BEKOTECHNOLOGIESInternational Corporate SiteBEKOTECHNOLOGIESDeutschland | Österreich | SchweizBEKOTECHNOLOGIESIndiaBEKOTECHNOLOGIESBrazilBEKOTECHNOLOGIES責任を通じより良くBEKOTECHNOLOGIES責任心是我們成長的動力BEKOTECHNOLOGIESIreland | United KingdomBEKOTECHNOLOGIESFranceBEKOTECHNOLOGIESBelgique | Pays-Bas | LuxembourgBEKOTECHNOLOGIESItaliaBEKOTECHNOLOGIESSpainBEKOTECHNOLOGIESPolandBEKOTECHNOLOGIESCzech RepublicBEKOTECHNOLOGIESNetherlandsBEKOTECHNOLOGIESCanadaBEKOTECHNOLOGIESUnited States of AmericaBEKOTECHNOLOGIESAmérica Latina

ISO 8573-1に準拠した圧縮空気の品質

DIN ISO 8573シリーズ規格は、圧縮空気の品質を9つのパートに分けて扱っています。パート2~9には試験方法が含まれています。Part 8573-1では、圧縮空気に含まれる可能性のある不純物(粒子、水分、オイル)の最大含有量で分類しています。DIN ISO 8573-1規格は、以下の点に関して圧縮空気の品質クラスを定義しています。

粒子径と密度

圧縮空気中にまだ含まれている可能性のある固体粒子のサイズと濃度の決定。

圧力下露点・水分

現在の動作圧力で水蒸気が水に凝縮する温度の決定

オイル含有量

圧縮空気中に含まれる可能性のあるオイルエアロゾルや炭化水素の残存量を測定。

ISO8573-1は、圧縮空気1立方メートルあたりの汚染物質の許容量を規定したもので、ISO8573シリーズの主要な規格です。ISO8573-1では、固体粒子サイズ、圧力下露点、オイル総濃度が3つの主要な汚染物質として挙げられています。

特定の品質を表現する場合は、コロンで区切って3桁の数字を使います。

A 粒子(固体および液体の不純物)の等級

B 水分(気体)と水分(液体)の含有量の等級

C オイル総濃度(液体と気体)の等級

例えば、タイヤの充填では、粒子とオイル濃度の両方で品質クラス2が要求されますが、スプレーガンやレーザー切断では、粒子とオイル濃度でクラス1が要求されます。工場や業務用で使用するエアーは、一般的な用途ではクラス4の圧力下露点で十分ですが、より複雑なプロセスエンジニアリングの工程ではクラス2からクラス1の圧力下露点が必要です。

分岐部・用途別ソリューションでは、用途別に代表的にどのような圧縮空気品質基準が必要かを説明しています。

システムによる圧縮空気の処理

圧縮空気スケジュールは、あらゆる可能性を秘めた概要を示しています。どの圧縮空気調製製品でどのようにして一定の圧縮空気品質を実現するか。

圧縮空気は、ほとんどすべての産業で重要なエネルギー源となっています。求められる品質は、産業ごとに、また用途ごとに異なります。しかし、最適な生産プロセス、安全なシステム、コスト効率の高い運用を求める気持ちは変わりません。当社は、安全で信頼性が高く、世界的に実績のある処理技術を用いて、圧縮空気発生装置からアプリケーションまでの過程でこれらの要件を満たします。そして、お客様の成功をお約束します。

ダウンロード

品質は偶然の産物ではありません

企業は生産現場で大きな課題に直面しています。製品や工程の安全性が圧縮空気の品質に依存している場合、最高レベルの処理を常に確保する必要があります。責任を持ち、品質保証を条件無く頼ってこそ、消費者の信頼を得ることができます。同時に、工程の収益性が会社の将来の存続を左右します。知的なエネルギーの管理は最優先事項です。圧縮空気の生成では、エネルギーコストが総コストの4分の3以上を占めることが多く、この分野での節約の可能性は相当なものです。べコテクノロジーズの計測技術は、これらの可能性を見極めるために役立ちます。

METPOINTシリーズのセンサー

METPOINT DPM

相対湿度と温度で圧縮空気の露点を計測

METPOINT FLM

節約の可能性を評価し、知的なエネルギーの管理の基礎を提供し、消費の割り当てを可能にします。

METPOINT PRM

高精度で信頼性の高い差圧、および、システム圧力のモニタリング

METPOINT LKD

高感度の超音波技術により、微小な漏れも検出可能