BEKOTECHNOLOGIESInternational Corporate SiteBEKOTECHNOLOGIESDeutschland | Österreich | SchweizBEKOTECHNOLOGIESIndiaBEKOTECHNOLOGIESBrazilBEKOTECHNOLOGIES責任を通じより良くBEKOTECHNOLOGIES責任心是我們成長的動力BEKOTECHNOLOGIESIreland | United KingdomBEKOTECHNOLOGIESFranceBEKOTECHNOLOGIESBelgique | Pays-Bas | LuxembourgBEKOTECHNOLOGIESItaliaBEKOTECHNOLOGIESSpainBEKOTECHNOLOGIESPolandBEKOTECHNOLOGIESCzech RepublicBEKOTECHNOLOGIESNetherlandsBEKOTECHNOLOGIESCanadaBEKOTECHNOLOGIESUnited States of AmericaBEKOTECHNOLOGIESAmérica Latina
将来性

実績のあるオートドレントラップとデジタルの融合

デジタル化されたプロセスの安全性

オートドレントラップのBEKOMATは数十年来、安全性、長い耐用年数、簡単設置、効率性、経済性、環境適合性で周知の確かな実績に裏付けられています。さらに一歩前進し、今や既存の機能性にデジタル機能の優位性と効用が加わり充実しました。新製品シリーズのBEKOMAT i4.0はインダストリアルIOT対応システムに課される要求事項を満たします。: ネットワーキング性能、遠隔監視、柔軟性、さらに将来への適応性。

このため、例えば、現在の状態や次回の整備までの残り時間といった重要な情報が確実に中央監視制御室に転送されます。これでプロセスの安全性/確実性が高まり、きめ細かい保守計画の策定できます。

イノベーション

高度な技術革新

ネットワーク対応のBEKOMAT i4.0なら基本的なモニタリング以上のことが可能です。つまり、正確な評価のために標準的なインターフェースを介してリアルタイムで取得することや、例えば、アラームメッセージの出力で的確なデータを受け取れます。このためネットワーク化された生産のために、将来性のある状態を確立することが可能です。

ビッグデータとプリベンティブ・メンテナンス

中央監視制御室や顧客所有の監視システムへデータを直結することにより基幹となる稼働状態をより速く把握して、正しい対応が可能になります。こうした透明化により、効率性が上がり、故障による停止を防止することができるようになります。

  • データフローの改善

  • 重要な稼働データへ随時アクセス

  • 信頼のおける圧縮空気システムの維持

予測的メンテナンスとプロセス安全性

メンテナンス
Icon Maintenance

迅速な対応

データフローの改善による高度な通信は、ドレントラップの状態をリアルタイムで視覚的にモニタリングすることができます。随時、データを呼び出せるため、迅速に不具合に対応ができ、圧縮空気システムの維持が可能です。

  • 秒単位の稼働時間カウンター
    次回のメンテナンスの時間を計算するために必要

  • スイッチングサイクルカウンター
    使用寿命とメンテナンスまでの残り時間計算のために必要

  • メンテナンスまでの残り時間
    次回のメンテナンスまでの残り時間を表示します。

  • 残りのスイッチングサイクル
    100 %から0 %までのカウントダウン方式で、バルブの動作回数を基準に次回保守までの回数を表示します。

故障解析
Monitoring Symbol

リアルタイムモニタリング

システムの状態をリアルタイムでモニタリングすることにより、迅速に不具合に対応することが可能になります。そのため、信頼のおける圧縮空気システムを維持することができます。早期の警告とアラームシグナルによって、運用のより良い計画策定ができ、要所にリソースを投入できるようになります。

  • 様々なエラーシグナル(エラーフラッグ
    多様なフラッグが、例えばドレントラップが調整されていない時や、ハードウェアの不具合時、あるいはアラーム発生時にエラーの状況を知らせます。

  • 電子回路の電圧供給
    サービスは電圧状態のテストが可能です。

  • CPU温度
    サービスは温度状態のテストが可能です。

動作信頼性

状態のモニタリング

ドレントラップの状態に関する情報がリアルタイムで得られ、動作の信頼性が改善します。

  • ERROR-LEDステータス
    動作の視覚化およびロギング

  • TESTボタンとTEST入力ステータス
    動作の視覚化およびロギング

  • POWER-LEDステータス
    動作の視覚化およびロギング

最小限の設置作業でネットワーキング可能です

オートドレントラップのBEKOMAT i4.0 は、個別でもデイジーチェーントポロジーで複数台をネットワークに接続することもできます。このため設置の労力が最小化され、今後の工場の拡張に対応します。標準の四芯ケーブルは、電源供給と同時に、監視制御室の集中制御ユニットやコンプレッサ、ドライヤー へRS485ポートを介してデータの転送に使うことができます。

将来対応性のある通信機能

新製品BEKOMAT i4.0 オートドレントラップは、データ送信を兼ねる電源ケーブル一本のみ必要です。そのため、RS485インターフェースを介してネットワークへの接続が可能です。
このインターフェースを介してBEKOMAT i4.0オートドレントラップの状態データを適切なコンプレッサ、フィルター、ドライヤー、さらに中央監視制御室へ送信します。

コストが透明化され確実な計画の策定が可能です

接続されているオートドレントラップの稼働や状態のデータがリアルタイムで視覚化されるため、ドレンの排出を賢く管理することが容易になります。状態のメッセージでシステム全体への重要な兆候の確認などが可能になります。早期警戒シグナルとアラームシグナルによって、故障で停止する前に適切なメンテナンス作業の開始ができます。こうして最適な資源計画が可能になります。

  • 装置の状態に関するリアルタイムデータ

  • 早期の計画策定および適切な対応が可能な早期警戒とアラームシグナル

  • 日、週、月次解析

  • 最善の計画・透明性のあるコストの監視

  • 誤判断の低減

BEKOMATは圧縮空気の損失を起こさずにドレンを排出するため、節約以上のことが可能になります。不要なメンテナンス作業や稼働の停止も防げます。

状況別事例

シナリオ

オートドレントラップが圧縮空気設備等のシステムと直接通信ができれば、何が可能になるでしょうか?以下に新製品BEKOMAT i4.0で実現の可能性があるシナリオを挙げています。このドレントラップは必要なパラメータを全てフィードバックし、非常に優れたオートドレントラップであるだけではなく、追加の情報源となり、本当のドレンモニターになります。さらに、メンテナンスを迅速かつ効率的に準備することが容易になります。

BEKOMAT i4.0の通信先:
集中監視制御
Monitoring

オートドレントラップが特定の設備からドレンを排出するだけではなく、状態に関するデータや動作状況をリアルタイムで集中制御システムに送ることができれば、何が可能になるでしょうか?

この場合、ドレントラップは、一定時間で何回ドレンを排出したかのフィードバックができるようになり、監視制御システムで圧縮空気の処理工程の状態に関する重要な追加の情報の確認が可能になります。

監視制御室では、定義されているアラーム閾値を保存しておき、これに基づいて(その他の機器/センサーと合わせて)対応策を講じた明確な注意を策定や、直接に措置を講じることも可能になります。BEKOMAT i4.0のメンテナンスまでの残り時間の表示を組み込むことで、次回のメンテナンスまでの残り時間を監視制御室から容易に計画することが可能になります。

BEKOMAT i4.0やその他の装置からも送られる全てのデータを電子式に記録することもできます。例えば、不具合や後日問題があったような場合、問題の発生時点と箇所、今後の対策方法について詳しく的確に解析が可能になります。警告メッセージの定義は、固有の基幹データ管理で規定しておくことができます。

メンテナンス

オートドレントラップが信頼できるドレンの排出だけではなく、メンテナンスの時期を担当者へ自動的に伝達できれば、何が可能になるでしょうか?

これは、担当者が対象の絞られたメンテナンスを行うことが可能になり、例えば、複数の設備を同日中に一括してメンテナスすることができます。もしくは、ドレントラップが不具合の発生する前に兆候を出しますか?予測的メンテナンスによって、不具合が発生する前に起こる兆候やエラー、重要な不具合といったことが起こる前に防ぐことができます。

もし、メンテナンス担当者が圧縮空気ラインとドレントラップ全体を現場で点検する時間や作業が不要になり、監視制御室でプラントの設備が正常に稼働しているデータを受け取っていることを確認するだけで済むようになれば、どんなことが可能でしょうか?状態監視によって、つまり定期的に設備やプラントの状態を記録して視覚化することにより時間を節約することができ、節約した時間を生産的な業務に回すことができることで費用が節約されます。

メンテナンスの時間と可能性に基づいた計画的な部品交換や管理は、タイミングのよい部品の手配が可能になります。

データロガー
METPOINT BDL compact

オートドレントラップが単なるドレンを排出するだけでなく、データも集中データロガーに送るとしたら、何が可能になるでしょうか?

このようにして全てのドレントラップのデータを一カ所で視覚化し、例えば個別のドレントラップが一定の時間にドレンを排出した回数などのフィードバックは、圧縮空気の全処理工程の状態について重要な追加情報として有効になります。 

ドレンの排出頻度からどの設備からドレンが排出されているかに応じて、圧縮空気に含有されている水分量を求めることが容易になります。一緒に計器を接続することにより、プラントの状態を制御、および監視することができ、エラーや警告メッセージを中央監視制御室で表示させることが可能になります。

BEKOMAT i4.0から送られる基本的なデータに基づいて、データロガーから直接識別することができます。このため正しいメンテナンス部品をタイミングよく手配することができます。また、BEKOMAT i4.0のメンテナンスまでの残り時間をデータロガーから直接確認ができ、次回のメンテナンスを適切に計画することが可能になります。

御社に最適なBEKOMAT i4.0はどれですか?

左から右へコンプレッサの流量の増加に合わせてBEKOMAT i4.0 のモデルを参照してください。

詳細情報および技術データに関しては「技術データ」をクリックしてご参照ください。

BEKOMAT 32U

BEKOMAT 32iU

最大コンプレッサ流量 : 5 m³/min

BEKOMAT 12

BEKOMAT 12i

最大コンプレッサ流量 : 6.5 m³/min

BEKOMAT 33U

BEKOMAT 33iU

最大コンプレッサ流量 : 10 m³/min

BEKOMAT 13

BEKOMAT 13i

最大コンプレッサ流量 : 30 m³/min

BEKOMAT 14

BEKOMAT 14i

最大コンプレッサ流量 : 130 m³/min

BEKOMAT 16

BEKOMAT 16i

最大コンプレッサ流量 : 1400 m³/min

ダウンロード

Condensate technology | BEKOMAT i4.0
Brochure
3 MB
一般的な連絡
電話番号 044 328 76 01
折り返し電話サービス
お問い合わせ