圧縮空気のアプリケーション

圧縮空気はほぼすべての産業でさまざまなアプリケーションに使用されています。アプリケーション分野を挙げると、プラントおよびシステムを調整する制御空気として、バルク品を輸送する空気搬送として、または包装に充填するためのプロセス空気などがあります。

多くの圧縮空気アプリケーション分野では、プロセスの正確な知識が必要です。これらの場合に当社は助言を行い、圧縮空気システムを個別の要件に合わせて調整し、圧縮空気供給の効率性と運用上の安全性を監視する際のサポートをします。

以下にリストされているカテゴリーをクリックして、さまざまなアプリケーション分野についての詳細情報を入手してください。

アプリケーション分野

空気搬送

さまざまな産業の製造プロセスには、原材料の積み下ろし、機械とプラントまたはシステム間での中間製品および最終製品の搬送が含まれます。

より詳しい情報


制御空気

制御空気としての圧縮空気は、商業生産で主要な役割を果たしており、現在まで無視できません。多くの空圧アプリケーションがあり、そのすべてを制御する必要があります。

より詳しい情報


プロセス空気

圧縮空気が特定の方法でプロセス媒体として直接統合される場合、これはプロセス空気と呼ばれます。

より詳しい情報


無菌空気

無菌の圧縮空気は、空気搬送および空気制御、両方のプロセスに利用可能です。その名称は、圧縮空気が無菌でなければならないという特徴に由来します。

より詳しい情報


呼吸用空気

圧縮空気はさまざまな産業の生産プロセスで多くのアプリケーション分野がありますが、呼吸用空気としても利用されています。
 

より詳しい情報



参考資料 - アプリケーション

セメント生産での圧縮空気処理

Ghacemは1967年からガーナでセメントを生産しており、DRYPOINT RAで生成した浄化および乾燥圧縮空気を製造プロセスで使用しています。必要な原料を搬送するため、および機械のポンプや制御システムの制御空気として使用しています。

より詳しい情報
食品産業での空気処理

牛乳の代替品として、約150トンの粉末原料をサイロ内のタンクローリーからNukamel社まで毎日輸送する必要があります。輸送媒体として、低圧縮空気が空気搬送として利用されます。水分が多すぎると、システムに影響を及ぼします。

より詳しい情報
METPOINT OCV(Pfizer)

フライブルクにあるPfizer社では、処理および呼吸用空気として圧縮空気を使用しています。圧縮空気は製品と直接接触し、特殊区域で働く従業員に呼吸用空気として使用するために使用されます。Pfizerにとって、常に監視を行うことが特に重要です。

より詳しい情報
石灰生産のためのプラグ輸送

H. Oetelshofen GmbH & Co. KG社はパイプラインを使って工場内で石灰粉末を空気搬送しています。空気はBEKO TECHNOLOGIESのEVERDRY吸着式ドライヤーで乾燥され、配管内での凝集を防止します。

より詳しい情報