制御空気

制御空気としての圧縮空気は、商業生産で主要な役割を果たしており、現在まで無視できません。多くの空気圧アプリケーションがあり、そのすべてを制御する必要があります。

圧縮空気を利用してシリンダーを制御する場合、アクチュエーターまたはバルブを使用するため、制御空気と呼ばれます。制御空気が主に利用されるのは、高い作業速度が達成され、かつ正確な制御が可能なためです。空気圧制御システムはまた環境の影響を受けにくく、爆発の可能性がある区域でも安全に利用できます。制御空気はシンプルな圧縮空気ツールだけでなく、空気圧コンポーネントを持つロボットにも利用できます。さらに、新世代のロボットであるコボット(協調ロボット)にも利用されます。

製品と直接接触することは通常ないため、制御空気の品質に対する要求は特に高くはありません。ただし、圧縮空気を処理する必要がないということではありません。圧縮空気の品質が不十分な場合、摩耗が早く進むことがあります。

場合によっては、クリーンルーム内やプロセスで指定されている場合などでは、品質要件がより高いこともあります。したがって、ここでは圧縮空気の処理について相談と個別設計が重要であり、当社は喜んでこれをサポートいたします。

Control air in various industries:

参考資料 - アプリケーション

段ボール工場での圧縮空気の製造

Delkeskamp社は圧縮空気を制御空気として、ダンボールの形成に利用していますが、機械からブロー成形するためのプロセス空気としても利用しています。したがって、湿気でダンボールが柔らかくならないようにするために、絶対的な乾燥が特に重要です。

より詳しい情報
ハイブリッド機関車での圧縮空気処理

シュテンダールで作られたハイブリッドALSTOM入換機関車は、ブレーキシステムに浄化された圧縮空気を供給するために制御空気が必要です。このアプリケーションでは、DRYPOINT M膜式ドライヤーとCLEARPOINTフィルターを使用します。

より詳しい情報
食品処理における清浄な空気

食品業界の圧縮空気に対する非常に高い要求を満たすために、ヴェルスモルトにあるNölke社では、当社のMETPOINT OCVを使用して、圧縮空気の品質を監視しています。Nölkeでは、ソーセージ製造時に制御空気および空気搬送として圧縮空気を利用しています。

より詳しい情報
輸送と作動媒体としての圧縮空気

GF Automotiveでは、空気搬送で砂を運んでいます。湿気は配管内で水分を発生させます。また、制御弁は制御空気として圧縮空気で動作します。BEKO TECHNOLOGIESのDRYPOINT RA冷凍式ドライヤーが乾燥空気を保証します。

より詳しい情報

その他のアプリケーション