空気搬送

さまざまな産業の製造プロセスには、原材料の積み下ろし、機械とプラントまたはシステム間での中間製品および最終製品の搬送が含まれます。輸送プロセス中に圧縮空気を使用する場合、これは空気搬送です。これはしばしばプロセスに組み込まれているため、プロセス空気とも呼ばれます。

空気搬送のアプリケーション分野の例としては、バルク材料の輸送があります。バルク製品は、圧力または真空輸送プロセスによる空気輸送によって頻繁に輸送されます。圧縮空気品質の要件は、バルク材料の種類と関連する追加プロセスによって異なります。しばしば吸湿性(吸水性)の粉末または粒状物質が処理されます。搬送媒体として導入される圧縮空気が十分に乾燥していない場合、塊が形成されます。圧縮空気で輸送する利点は、配管が密閉されているため、粉塵の発生が防げることです。さらに、空気圧システムは変更でき、ほとんどメンテナンスも不要です。

さらに、圧縮空気で運ばれた製品は、コンベヤー表面から持ち上げられます。いわゆる空気軸受が生じます。この主な利点は例えばスティックスリップ現象や摩擦のない移動による精度です。したがって、エアロスタティックな空気軸受は、例えば測定器(レオメーターなど)の位置合わせと移動だけでなく、重量物の簡単な輸送に利用されます。

参考文献

参考資料 - アプリケーション

セメント生産での圧縮空気処理

Ghacemは1967年からガーナでセメントを生産しており、DRYPOINT RAで生成した浄化および乾燥圧縮空気を製造プロセスで使用しています。必要な原料を搬送するため、および機械のポンプや制御システムの制御空気として使用しています。

より詳しい情報

食品と直接接触する圧縮空気(MEGGLEの例)

Meggle AGでは、粉末乳糖は圧縮空気を使用してパイプ経由で送られます。使用される搬送用空気は凝集を防ぐために完全に乾燥し、オイルフリーであることが必要です。これはBEKO TECHNOLOGIESのEVERDRY吸着式ドライヤーと活性炭吸着装置によって保証されます。

より詳しい情報

METPOINT OCV(Pfizer)

フライブルクにあるPfizer社では、処理および呼吸用空気として圧縮空気を使用しています。圧縮空気は製品と直接接触し、特殊区域で働く従業員に呼吸用空気として使用するために使用されます。Pfizerにとって、常に監視を行うことが特に重要です。

より詳しい情報

石灰生産のためのプラグ輸送

H. Oetelshofen GmbH & Co. KG社はパイプラインを使って工場内で石灰粉末を空気搬送しています。空気はBEKO TECHNOLOGIESのEVERDRY吸着式ドライヤーで乾燥され、配管内での凝集を防止します。

より詳しい情報
お問い合わせフォーム
お電話: 044 328 76 01
折り返し電話サービス
お問い合わせ