プロセス空気

圧縮空気が特定の方法でプロセス媒体として直接統合される場合、これはプロセス空気と呼ばれます。製造プロセスに関係している限り、空気は製品と直接接触するため、適合する高品質と純度基準を持っていることが必要です。各業界のガイドライン、ISO 8573-1に準拠した品質等級、ドイツVDMAの推奨事項により、満たす必要のある品質等級に関する情報が提供されます。

製薬業界ではまた、例えば錠剤の製造と包装のためにプロセス空気を導入しています。製造段階によっても異なりますが、圧縮空気は乾燥、無菌、ときには殺菌されている必要があります。また食品業界では、プロセス空気中のオイルと無菌状態に注意して使用することが重要です。つまり、製品と直接接触する場合には、追加で除菌フィルターを使用する必要があります。圧縮空気は例えば、食品の噴霧や吹き飛ばし、または食品の輸送に利用されます。

したがって、圧縮空気は表面処理で高品質プロセス空気として利用できます。自動車製造で最もエネルギー集約的で、お金のかかるプロセスである塗装時には、塗料の乗りむら(PWIS)を防止することが必須です。

Process air in various industries:

参考資料 - アプリケーション

カップリング(軸継手)製造の品質基準

ムッスムにあるFlender社では完全にオイルフリーの乾燥圧縮空気が必要です。特に複雑なカップリングの製造では、空気はプロセス空気からバリア空気までのすべてのアプリケーション要件を満たさなければなりません。

より詳しい情報
HELLA KGaA Hueck & Co.の表面洗浄

敏感なコンポーネントの実装のために、HELLA KGaA Hueck & Co.では表面洗浄が特に重要です。圧縮空気はBEKOKATで浄化され、汚れや埃を吹き飛ばすプロセス空気として使用されます。

より詳しい情報
食品と直接接触する圧縮空気(MEGGLEの例)

Meggle AGでは、粉末乳糖は圧縮空気を使用してパイプ経由で送られます。使用される搬送用空気は凝集を防ぐために完全に乾燥し、オイルフリーであることが必要です。これはBEKO TECHNOLOGIESのEVERDRY吸着式ドライヤーと活性炭吸着装置によって保証されます。

より詳しい情報
医療用のオイルフリーおよび無菌

製薬業界では、オイルフリーかつ無菌の圧縮空気が特に重要です。Nycomedでは、CLEARPOINT圧縮空気フィルターとBEKOKATを利用しています。プロセス空気は包装をきれいにするため、および制御空気は弁を制御するために使用されます。

より詳しい情報
Optimising the compressed air system

Optimising “quality, health, environment and energy consumption” has always been Umbria Filler's guiding principle and, in recent years, they have implemented several measures for environmentally friendly and energy-efficient production.

より詳しい情報

その他のアプリケーション