呼吸用空気

圧縮空気はさまざまな産業の生産プロセスで多くのアプリケーション分野がありますが、呼吸用空気としても利用されています。人間用の呼吸は、当然、最高純度の基準に従い、常に監視する必要があります。原則として、医療用呼吸用空気としてのアプリケーションと参照部門でのアプリケーションに分かれます。  

産業での呼吸用ガス

機械および自動車業界では、粉塵、塗装、エアロゾルと隣合わせです。製薬、化学業界、研究施設でもより危険な物質という観点で同様です。したがって、これらの物質が活動に関与する人員の呼吸器に侵入して有害な影響を生じないように、通常は呼吸保護マスクが使用されます。場合によっては、人員は気密性のある防護服を着る必要があり、その場合には呼吸品質のガスが供給されます。呼吸用空気の残留オイル含有量と乾燥度はDIN EN 12021で指定されています。

医療用呼吸用空気 – Aer medicalis

医療用材料としての医療用呼吸空気は、人間の人工呼吸には最高レベルの感度と注意が必要なため、欧州薬局方の指令および他のさまざまなDIN指令の対象です。微量の空気汚染でも患者の健康を大きな危険に晒す可能性があります。診療所では特に、呼吸用空気が厳格な規制制限を超えないようにするために、年中無休の監視を保証する必要があります。

当社製品の推奨:

METPOINT MMA
 

ボン大学病院の未来志向の測定装置

ボン大学病院では4.5kmの長さの配管ネットワークを介して、手術室や病室など1671か所の消費ポイントに毎日3,500立方メートルの医療用圧縮空気を供給しています。最新の測定装置のおかげで、「Aer medicalis」の継続的な品質監視をリアルタイムで実装できます。これを用いて、ボン大学病院は医療用圧縮空気による安全な患者ケアにつなげています。

 

アプリケーションレポートに進みます

その他のアプリケーション