機械工学業界の圧縮空気

機械工学のように、重要で汎用性の高い業界は他にありません。この分野には、電動機械、作業機械、工作機械、コンベヤーシステム、自動車業界の機械の生産が含まれます。

アプリケーションの可能性はさまざまであり、したがって、圧縮空気の要件も異なります。これは圧縮空気工具、プラント、昇降機、冷却プロセス、表面処理、洗浄、呼吸用高品質空気としても利用されます。

コスト効率の高い生産を確保するためには、信頼性の高い、安定したプロセスが機械工学の分野の基本です。エネルギー効率または二酸化炭素排出量もますます重要になっています。したがって、圧縮空気ステーションのアプリケーションと周囲状況によって、圧縮空気処理の個別設計が必要です。

さもないと、機械の故障や製品の拒否、多くのエネルギーと運用コスト、機械のサービス寿命の短縮化に繋がります。

機械工学のアプリケーション

駆動エネルギー

機械工学では、圧縮空気は使いやすく、電源を必要とせず、軽量なため、しばしば電動工具よりも好まれます。一部のアプリケーションでは、駆動ユニットのエネルギーとして圧縮空気を必要とします。これには高い圧縮空気品質は必要ありません。ほとんど場合、冷凍式ドライヤーとフィルターの設置で十分です。しかし、正しいプロセスと処理の設計が重要です。さもないと、不必要なエネルギーコストが発生する結果となります。

ワークステーション、プラント、システム、機械の清掃で圧縮空気が使われます。特殊なノズルを使用して空気を解放すると、高速で強力な空気が流れます。このエアフローによって液体または粒子を吹き飛ばします。

ロボットを使用しない機械工学は今日ではほとんど不可能です。これは溶接、組み立て、把持、送給などの手順がサポートされます。これらのプロセスでは、固定または移動式取り扱いロボットに空気圧コンポーネントが必要です。つまり、ロボットの制御と駆動で圧縮空気が重要です。

その他の圧縮空気の応用分野の例:

  • 圧縮空気精密ドリル
  • 圧縮空気ジャックハンマー
  • 圧縮空気ブレーキ
  • 圧縮空気による研削、板金加工、ねじ止め

当社製品の推奨:
DRYPOINT RA冷凍式ドライヤー CLEARPOINTフィルター

呼吸用空気

多くの生産分野には、埃、塗料、その他より危険物質を含む区域で実行される作業が含まれています。このような場合、作業を実行する従業員は、エアロゾルや微粒子による健康上の危険からの保護が必要です。人々は呼吸保護具を介して呼吸ガスを供給されるか、宇宙飛行士のように完全に密閉された保護スーツを着用しなければなりません。スペースを節約するために、圧縮空気はボトルに保存され、呼吸器コンプレッサーを使用します。圧縮空気は、呼吸ガスとして使用するために、高純度基準に準拠する必要があります。残留オイル含有量と乾燥度の個々の制限値はDIN EN 12021で指定されています。

当社製品の推奨:
METPOINT MMA METPOINT OCV

冷却空気と加熱空気

圧縮空気による冷却と加熱はボルテックスチューブを使用して行われます。このボルテックスチューブ内で、気体が回転し、高温と低温の空気フローが分離されます。その後、ガスは温度条件に従い、異なるサイズの穴から排出されます。

作業時に圧縮空気も利用できる場合、これは非常にコスト効果の高いソリューションであるため、このアプリケーションに使用することをお勧めします。したがって、例えばドリルまたは旋盤の冷却用に金属切断で圧縮空気を使用することをお勧めします。こうすることで、付着する液体冷媒の洗浄が不要になるためです。

Our product recommendations: 
BEKOBLIZZ空気冷却装置  CLEARPOINT H

シーリングガス/不活性ガス

圧縮空気はプラント、システム、治具の無接触シールに使えます。圧縮空気を利用することで、摩擦や摩耗なしに空洞がシールされます。特に機械工学では、繊細なコンポーネントや表面を埃、汚れ、湿度、湿気から保護する必要があります。これは表面に、いわゆるエアカーテンを作成することで実行します。

圧縮空気は、シールや漏れの検査にも利用できます。

当社製品の推奨:
DRYPOINT M膜式ドライヤー   METPOINT LKD

表面処理:圧縮空気ブラストと塗装

圧縮空気は表面処理で研磨と塗料の噴霧のために利用できます。

圧縮空気ブラストおよび/またはグリットブラストは、研磨剤の効果による材料または加工中の製品を表面処理することを言います。砂は、錆、汚れ、色、水垢、その他の汚染に対する研磨剤として、またはつや消しによる表面設計に使用されます。

圧縮空気を使って塗装する場合には、高レベルの純度を保証し、粒子、オイルエアロゾル、オイル蒸気、シリコン含有材料、ドレン水に関する制限値に注意する必要があります。さらに、塗料の乗りむら(PWIS)が起こってはなりません。

当社製品の推奨:
BEKOKAT炭化水素除去 CLEARPOINT V活性炭吸着装置 DRYPOINT AC吸着式ドライヤー

アプリケーションレポート

輸送と作動媒体としての圧縮空気

GF Automotiveでは、空気搬送で砂を運んでいます。湿気は配管内で水分を発生させます。また、制御弁は制御空気として圧縮空気で動作します。BEKO TECHNOLOGIESのDRYPOINT RA冷凍式ドライヤーが乾燥空気を保証します。

より詳しい情報
圧縮空気によるレーザー切断機の冷却

フェアルにあるHorstmannは、レーザー切断機の冷却にBEKOKATの圧縮空気を利用しています。圧縮空気は、レーザーアプリケーションと直接接触するプロセス空気として使用されます。

より詳しい情報
クリスタルガラス製造における圧縮空気処理

ヴァイスヴァッサーのStölzle Lausitz GmbHは、ドイツを代表するガラス工場の1つです。製造プロセスでは、乾燥圧縮空気が最も重要なエネルギー源です。これはBEKO TECHNOLOGIESのDRYPOINT RA冷凍式ドライヤーで達成されます。

より詳しい情報
ターボコンプレッサー用のドレン処理技術

ThyssenKrupp Steel Europe AGのデュースブルク施設では、圧縮空気ネットワークは10km以上に延びています。施設での圧縮空気の量はそれに応じて大きくなります。ターボコンプレッサーには大量のドレン水に対する特別なBEKOMATが必要です。

より詳しい情報

その他の業界