医療技術の圧縮空気

医薬品としての空気。医療技術にとって重要な現実です。医療用圧縮空気(Aer medicalis)は、通常の空気を置き換えるための技術用語です。麻酔ガス送達システム、患者の呼吸システム用の空気、医療製品の検査と乾燥、高気圧治療装置などの多くの用途で、圧縮空気は天井供給装置の動作に不可欠です。 さらに、医療用圧縮空気は、研究室、医学的手術、歯科手術で利用されていますが、フィットネスやウェルネス分野の利用も増えています。

患者の絶対的な安全を保証するために、圧縮空気の達成可能な最高純度と信頼性はその一部に過ぎません。医療用呼吸用空気は、医薬品として欧州薬局方の指令があります。さらに、アプリケーションの目的に応じて、DIN 8573-1:2001、DIN EN ISO 7396-1:2007、呼吸器空気品質に関するDIN EN 12021に準拠したガイドラインを考慮する必要があります。当社は病院や医療技術分野の企業との長年の取引があり、高品質の医療用圧縮空気の処理をサポートし、関連するすべてのガイドラインを順守しています。

医療産業でのアプリケーション

呼吸用空気

ヒトに対する人工呼吸は、最高レベルの感度と注意が要求されます。呼吸空気の汚染が微量でも、患者の健康を大きな危険に晒す可能性があります。そのため、医薬品としての医療用呼吸空気には高い要件および法的義務が課せられます。7つの重要なパラメータ(酸素、一酸化炭素、二酸化炭素、二酸化硫黄、窒素酸化物、窒素ガス、水蒸気含有量)は、呼吸用空気監視の継続的な品質保証に関連しています。すべての測定値の完全な文書化は、病院の品質管理をサポートし、高い安全基準に貢献します。圧縮空気の内容と汚染について法律で定められた制限値の順守についてのこの検証は、欧州薬局方の法的義務に高速される医療施設の薬剤師を支援します。同時に、いつでも最高の方法で呼吸用空気を可能な限り純粋な形で患者に供給していることを確信できます。

当社製品の推奨:
DRYPOINT AC METPOINT MMA DRYPOINT M
 

研究所でのアプリケーション

圧縮空気は病院での利用以外にも、研究所での利用が増加しています。これらの非常に敏感な環境で、細菌増殖の危険を排除するため、圧縮空気は完全に無菌で乾燥している必要があります。無菌乾燥状態は、高品質研究施設での腐食と堆積からも保護します。研究室での集中作業を確保するため、使用する装置と機械はノイズの出ないものが必要ですが、さらに省スペースかつ持ち運び使用できることも必要です。

圧縮空気は研究室で、次のアプリケーションに使用されています。

  • オートサンプラー:サンプルの吸引、圧縮空気による注入
  • 消毒器:熱に敏感な溶液および装置は、オートクレーブで加圧殺菌します。レオメーター:物質の変形およびフロー挙動を測定するための測定装置。レオメーターはエアベアリングで動作するため、圧縮空気が利用されます。
  • 窒素発生装置
  • 血液分析
  • 液体の計量
  • 個々の化学成分の混合物を分離するための分析方法として利用されるガスクロマトグラフ

当社製品の推奨:
無菌フィルター 活性炭吸着装置 膜式ドライヤー

病院と手術

無菌環境は病院や手術などの医療分野で不可欠です。圧縮空気は微生物の成長が排除されるように、完全な無菌、オイルフリー、乾燥でなければなりません。

圧縮空気は、手術室や集中治療病棟などのアプリケーションに利用されています。

  • 医療用真空を使用して、手術で血液と創傷分泌物を吸い上げます。
  • 入れ墨除去で使用するレーザーで、冷却用に圧縮空気を使用します。
  • 病院のベッドでのネブライザーを使用した薬の体積流量測定。

医科・歯科の手術で:ドリルの使用、患者の口をブローする手術装置や器具などの駆動ユニット。

当社製品の推奨:
活性炭吸着装置 膜式ドライヤー 流量測定

ウェルネスとフィットネス

いわゆる酸素療法は医療技術にとって非常に重要ですが、フィットネスやウェルネス分野での応用においても重要性を増しています。これらの市場では、小型でコスト効率の良い装置が特に重要です。小型の吸着装置は窒素を吸着し、空気の酸素濃度を高め、患者の血漿中の酸素濃度を高めます。細菌成長の可能性は、超乾燥空気と抗菌性銅の使用により対応できます。

呼吸のための短期使用(病院での呼吸用空気を参照)に加えて、医療用圧縮空気は、患者が慢性的な酸素不足に苦しんでいる場合の長期酸素療法で、または高齢者の全身状態の改善のためにも利用されます。

フィットネス分野では、圧縮空気は例えばプロアスリートのための高地トレーニングのシミュレーションをサポートします。

  • 低酸素への順化
  • 真空室での期間

ボン大学病院の未来志向の測定装置

ボン大学病院では4.5kmの長さの配管ネットワークを介して、手術室や病室など1671か所の消費ポイントに毎日3,500立方メートルの医療用圧縮空気を供給しています。最新の測定装置のおかげで、「Aer medicalis」の継続的な品質監視をリアルタイムで実装できます。これを用いて、ボン大学病院は医療用圧縮空気による安全な患者ケアにつなげています。

アプリケーションレポート...

その他の業界