電子産業の圧縮空気

電子産業はさまざまな分野で構成されています。一方で、家電製品、照明技術、バッテリー、セキュリティシステム、家庭用電化製品、ケーブル、ワイヤーなどの大量生産品。他方では、ナノテクノロジー分野の研究開発などの高レベル技術。

企業の国際競争力は、業界では非常に重要です。ここでの必須部分は、製品の高品質要件と、効果的で柔軟な生産プロセスです。この目的で、現在ではウェーハの生産などにロボットベースの自動化ソリューションがますます利用されています。生産と機械加工は難しい仕事です。圧縮空気は、特にそのような繊細な製品にしばしば利用されます。

使用されるプラントとシステムは高度に技術的であり、コスト集約的で、ほとんどが敏感です。したがって、高い製造基準は電子機器製造業界に適用され、圧縮空気に対する高い要求も適用されます。ほとんどの場合、オイルフリーの乾燥圧縮空気が必要です。クリーンルームでの製造プロセスには特別な条件が適用されます。

圧縮空気が利用されるアプリケーションは、業界の分野と同じくらい複雑です。当社にお問い合わせください。圧縮空気の供給と圧縮空気の品質を確保するための最適なソリューションを一緒に探しましょう。

電子産業でのアプリケーション

配置と清掃

自動化は現在電子業界にも導入され、大量生産された電子部品は、配置自動化により生産されています。一方で、圧縮空気はコンポーネント搬送用の空気圧駆動ユニットに利用され、他方では、コンポーネントのピックアップと配置に利用されます。この場合、真空ポンプによって生成される吸引空気が使用されます。これによって、例えばチップ製造中に敏感な部品をつかみ、その後でプリント回路基板上に配置することができます。チップ製造の生産プロセスはクリーンルーム条件で行う必要があります。つまり、圧縮空気の品質をこれらの要件に適合させる必要があります。

圧縮空気の別のアプリケーション分野は、回路基板へのはんだ付けと、回路基板、電子プリント回路基板、ウェーハの洗浄です。加工の残留物を取り除くために、コンポーネントに圧縮空気が吹き付けられます。圧縮空気はウェーハを処理する際の輸送と保管に重要な役割を果たします。ここで使用する圧縮空気には、粒子、オイル、水分が含まれていない必要があります。

当社製品の推奨:
露点計 監視装置  吸着式ドライヤー

エアベアリング

エアベアリングは、精度と速度が必要な分野で常に見つけることができます。電子産業では、例えば検査装置、ウェーハステッパー、回路基板支持装置、リニアガイド、回路基板穴あけ装置のスピンドルがあります。


回路基盤の穴あけ分野では、エアベアリングが重要です。回路基板は装備する前に何度も穴あけが必要です。スピンドルの回転数は高速であり、そのために非接触ベアリングによって保証されなければなりません。これを目的に、スピンドルベアリングとステーターベアリングの間にエアベアリングを作成し、材料の接触を防止する必要があります。エアベアリングはマルチノズルベアリングまたはシングルノズルベアリングを介してベアリングギャップに入る圧縮空気で生成されます。非常に薄いベアリングギャップ(3~10 µmの空気層)のために、圧縮空気は粒子やエアロゾルフリーで乾燥している必要があります。湿気のある圧縮空気では、腐食が発生したり、ミネラルの堆積物が生じることがあります。

当社製品の推奨:
露点計  監視装置  吸着式ドライヤー

はんだ付け用窒素

電子産業では、コンポーネントを相互に接続することが不可欠です。はんだ付けはこのための最も重要な方法の1つです。正しい品質の結果を達成するために、正しい方法と対応するデバイスをそれぞれのアプリケーションに利用する必要があります。2006年7月以降、鉛含有はんだまたは鉛含有回路基板を民生用デバイスで使用することはできません。ウェーブはんだ付けプラントやリフローはんだ付けオーブンでは多くの場合、代替方法では不活性ガスとして窒素が必要です。

必要な窒素は低選択性ダイヤフラムまたは分子ふるいを利用することにより、窒素発生器の助けを借りて圧縮空気から得ることができます。保護ガスの純度は最大95-99.5%です。窒素ダイヤフラムおよび/または分子ふるいを保護し、動作の安全性を高めるために、取り入れる圧縮空気の湿度は80%未満であることがしばしば必要です。窒素ダイヤフラムおよび/または分子ふるいは湿度に敏感なため、これが必要です。

当社製品の推奨:
露点計  監視装置  吸着式ドライヤー

自動車サプライヤーの品質保証

脈動式回転ジェットによる高性能エレクトロニクスのブロー、プラズマジェットクリーニングによるプラスチックハウジングのトレース:ドイツの自動車部品メーカーHellaでは、圧縮空気が安全関連部品の表面洗浄の中心的な役割を引き継ぎます。この点で最も重要な要件は信頼性と完全なオイルフリーです。

アプリケーションレポート...

その他の業界