食品業界の圧縮空気

飲料・食品企業を巡る見学ツアーでは、圧縮空気の広い使用と、製造プロセスに関連する重要性がはっきりと示されます。空気中の汚染(微生物、鉱物油、オイル、粒子など)は実際の問題であり、圧縮空気の処理によって除去または削減する必要があります。これは消費者を保護し、安全で、コスト効率の良い生産プロセスを確保するために実行されます。

特に食品分野での圧縮空気の使用を目的とした国際的に有効な法律やガイドラインはありません。一般的な推奨と仕様は、DIN ISO 8573-1およびドイツのVDMAとBcasに基づくガイドラインと推奨から取得できます。

一般的に、製造業者自身は例えばオイルフリーかつ無菌の高品質圧縮空気を求めています。(EC) No 178/2002規制では、明確に安全な製品の生産/製造をメーカーに義務付けているためこれは重要です。自主的なHACCPコンセプトまたは運用予防プログラム(OPRP)についても、継続的な(年中無休の)測定実施による準拠の検証も重要な問題です。

Would you like to learn more about the risks of contaminated compressed air?

Download our whitepaper on food safety and compressed air here!

Link to Whitepaper...

食品産業でのアプリケーション

Controlling plants and systems

食品や飲料の製造には、さまざまな製品、機械、工具が必要であり、その中でも特に空気圧装置が必要です。圧縮空気は主に制御空気として、例えばグリッパーや弁を制御するための空気圧アクチュエーターとして利用されます。空気圧装置の材料は、耐腐食性、無毒性、非吸収性などの厳格な要件に準拠する必要があります。空気圧自体の要件は、特に食品と直接接触するかどうかによって異なります。

最適な圧縮空気処理はなお重要ですが、プロセスの制御用に使用する場合には、圧縮空気が食品と直接接触することはほとんどありません。圧縮空気の汚染は、コンポーネントの摩耗を加速させ、コンポーネント内に詰まりを生じさせることがあります。圧縮空気の品質の維持と最適な設計が、ダウンタイムとエネルギーコストを最小化し、製品の汚染も防ぎます。

当社製品の推奨:
DPM露点計  METPOINT監視装置 吸着式ドライヤー
 

梱包と充填

製品を梱包と充填するとき、最終製品の状態は変わらないままであることが必要です。したがって、飲料と食品は非常に穏やかに処理し、汚染が生じてはなりません。つまり、この分野で利用される圧縮空気は、オイルフリーかつ無菌でなければならないことを意味します。食品部門の包装と充電プロセスには、例えば容器の深絞り成型、その他包装の熱成形、包装の膨張、液体製品の充填などで無菌空気が必要です。圧縮空気は不良製品を弾き出したり、包装材料をきれいにするためにも使用します。

圧縮空気は飲料業界では、特にPETボトルの充填プロセスで使用されています。ボトルは圧縮空気を使用した、いわゆる延伸ブロー工程で膨張します。さらに、圧縮空気は例えば埃などの汚染を除去するために一般的にボトルの清掃に使用されます。醸造所では、ボトルは圧縮空気で輸送されるボトルキャップで密閉されます。もし圧縮空気が汚染されていれば、ビールの泡形成が減少します。これは圧縮空気が製品の感覚的性質に重要な影響を与える程度をはっきりと示しています。

圧縮空気はボトル選別プラントやラベル貼り付けにも応用されています。

当社製品の推奨:
METPOINT OCV  吸着式ドライヤー  BEKOKAT炭化水素除去

生産中の輸送

食品・飲料産業では、多くの原材料が処理、加工、輸送されます。顆粒、米、穀物、砂糖、コーヒーなどのばらけた食材はサイロやタンクで輸送されます。食品の輸送状態についての一般規則としては、食品は指定されたマーク付きの輸送容器でのみ運ばれ、特別な衛生要件が課せられます。圧縮空気はしばしば積み下ろしに利用され、そのため食品と直接接触します。圧縮空気が汚染されている場合、コンテナへの以前の対策は無効となり、汚染されます。乾燥圧縮空気は乾燥した、ばらけた食材にとって特に重要です。さもないと塊が発生します。

これは原材料だけに適用されるのではなく、ある生産段階から次の段階に搬送する必要のある製造工程の中間製品や最終製品により適用されます。例えば、チョコレートの材料だけでなく、生産されるココアの塊も空気圧で運ばれます。配管から押し出すためにピギング技術と呼ばれる技術が使われていますが、ピグ(塊)を押すためには圧縮空気が必要です。

当社製品の推奨:
DPM露点計  METPOINT監視装置  吸着式ドライヤー  

食品の製造

食品の製造と処理工程で使用される圧縮空気は製品と直接接触するため、常にオイルフリーかつ無菌でなければなりません。したがって、直接製品と接触する場合には、除菌フィルターなど対応する圧縮空気処理が必要です。圧縮空気の監視については要件が定められていないため、製造メーカーに責任があります。圧縮空気の品質を継続的に監視することで、プロセスの安全性が確保され、生産不良が減少します。これは例えば、アイスクリームの製造場面で容易に発生します。アイスクリーム原料に圧縮空気を吹き込み、クリーミーにします。もし、圧縮空気がこの必要な純度等級を持っていない場合、アイスクリームの粘度が悪影響を受けます。

圧縮空気は、特にパン製品やチョコレートの冷却、生地やチョコレート残留物の吹き飛ばし、生地への製品の噴霧と艶出し、ポテト製品のコーティングなど、その他の食品処理にも利用されています。

さらに、圧縮空気は洗浄、成形ブロー、生産プラントまたはシステムのCIP洗浄、果物や野菜の洗浄に使用できます。これにより、圧縮空気が水中に送られ、移動およびより良い洗浄効果が達成されます。

当社製品の推奨:
METPOINT監視装置 CLEARPOINT無菌フィルター BEKOBLIZZ空気冷却装置

発酵

食品製造において、機械的な工程だけが重要な要素ではなく、生物学的工程(いわゆる発酵)も重要です。このプロセスは外来生物によって中断されるため、プロセスの外来生物を除去することが不可欠です。したがって、使用する材料とアプリケーションは無菌でなければなりません。もちろん、これは圧縮空気にも当てはまり、そのため除菌フィルターがしばしば処理のために使用されます。圧縮空気は例えば、醸造プロセスにおける麦汁の曝気、窒素の生成、発酵プロセスでの酵母の混合と輸送に利用されます。

当社製品の推奨:
METPOINT監視装置  CLEARPOINT無菌フィルター BEKOBLIZZ空気冷却装置

アプリケーションレポート

食品と直接接触する圧縮空気(MEGGLEの例)

Meggle AGでは、粉末乳糖は圧縮空気を使用してパイプ経由で送られます。使用される搬送用空気は凝集を防ぐために完全に乾燥し、オイルフリーであることが必要です。これはBEKO TECHNOLOGIESのEVERDRY吸着式ドライヤーと活性炭吸着装置によって保証されます。

より詳しい情報
オイルフリーの圧縮空気(LAVAZZAの例)

LAVAZZAにはノイスのBEKO TECHNOLOGIESで作られたBEKOKATが2台設定されているため、ISO 8573-1、クラス1のオイル含量の厳格な要件を上回る常に最高品質のオイルフリーかつ無菌の圧縮空気が保証されています。

より詳しい情報
粉末原料用の圧縮空気

牛乳の代替品として、約150トンの粉末原料をサイロ内のタンクローリーからNukamel社まで毎日輸送する必要があります。輸送媒体として、低圧縮空気が空気搬送として利用されます。水分が多すぎると、システムに影響を及ぼします。

より詳しい情報
食品処理における清浄な空気

食品業界の圧縮空気に対する非常に高い要求を満たすために、ヴェルスモルトにあるNölke社では、当社のMETPOINT OCVを使用して、圧縮空気の品質を監視しています。Nölkeでは、ソーセージ製造時に制御空気および空気搬送として圧縮空気を利用しています。

より詳しい情報
飲料業界での圧縮空気処理

食品業界の非常に厳格な規制のため、RheinfelsQuelle H. Hövelmann GmbH & Co. KGはBEKOKATを使用して、特にプロセス空気の一部が直接食品と接触するために、完全にオイルフリーの圧縮空気を生成しています。

より詳しい情報

その他の業界