Compressed air dryers

圧縮空気エアドライヤー:プロセスの安全性が決定要因

圧縮空気システム内のドレン状態での水分は、運転プロセスに永続的な危険をもたらします。DRYPOINTおよびEVERDRY圧縮空気エアドライヤーはプロセスの安全性を大幅に向上させ、それにより大きな利点をもたらし、一歩先に進みます。大きな省エネ性能によって、経費削減が可能になり、中核ビジネスでより効率的に資産を活用できます。圧縮空気エアドライヤーを選択する重要な基準は、要求乾燥レベル、エア体積流量、品質クラスです。したがって、3種類の圧縮空気乾燥方法の違いがあります。

 

さまざまな圧縮空気の乾燥方法

当社の包括的な冷凍式ドライヤー、膜式エアドライヤー、吸着式エアドライヤーはすべての要件を最適に満たしています。したがって、幅広い乾燥レベルと品質クラスを満たし、+15℃~-70℃の間での圧力下露点を達成できます。お客様へ最適なソリューションを見つけるために、当社のコンサルティングサービスは、製品の耐性、長期間における使用、個別案件においても高い基準を設定しています。

吸着式ドライヤー:最大の柔軟性

吸着式ドライヤーは吸着原理によって機能します。乾燥剤で満たされた容器内を空気が一定間隔で通過します。乾燥剤は、2番目の容器内で同時に再生されます。DRYPOINT ACを使用した、冷凍再生を提供できます。あるいはEVERDRYを使用した熱再生式吸着式ドライヤーを提供できます。両シリーズとも、非常に低い圧力下露点を達成することができ、また非常に高い体積流量で使用することができるという高品質の要件を満たしています。この圧縮空気の乾燥方法では、-70℃までの圧力下露点を達成できます。

より詳しい情報

冷凍式ドライヤー:最も経済的な乾燥方法

冷凍式ドライヤーは、最も経済的な圧縮空気の乾燥方法を提供します。基本原理は冷却による凝縮に基づいています。DRYPOINT RA冷凍式ドライヤーにはBEKOMATが付属しており、コストのかかる圧縮空気の損失を防ぎます。圧縮空気冷凍式ドライヤーは産業、クラフトトレード、ワークショップでの使用に適しています。圧力下露点は+3~+10℃です。

より詳しい情報

膜式ドライヤー:汎用性のあるオールインワンソリューション

膜式ドライヤーは選択性の高いメンブレンを介して乾燥プロセスを行います。この方法はより小さな体積流量に適しており、非常に広い圧力下露点を持ちます。動作に余計なエネルギーは必要ありません。これらは研究室や、モバイル、の省スペースソリューションに適しています。圧力下露点範囲は-40℃~+15℃です。

より詳しい情報

圧縮空気乾燥の用途

食品と直接接触する圧縮空気

大量の熱エネルギーは乾燥剤の脱着用に、圧縮熱(HOC)を使用する熱再生吸着式ドライヤーに蓄積されます。ドイツにあるMeggle Wasserburg GmbH & Co. KG乳業は、食品業界の生産プロセスにこれをどのように活用できるかを示しています。

続きを読む...
石灰生産のためのプラグ輸送

巨大な空気圧チューブを想像してください。独H. Oetelshofen GmbH & Co. KGの石灰工場では、石灰粉末がプラグ搬送の原理に基づいて生産現場から貯蔵サイロに輸送されます。圧縮空気は輸送媒体として機能し、これにおいて最も重要なことは完全に乾燥している必要があることです。

続きを読む...
クリスタルガラス製造における圧縮空気の準備

天の輝きと地獄の炎。高品質食卓ガラス製品の機械製造で、ガラス絵のように、両方が密接に絡み合っているのを見れるのは珍しいことです。ザクセン州ヴァイスヴァッサーのStölzle Lausitz GmbHはドイツを代表するガラス工場の1つとして有名です。乾燥圧縮空気は製造プロセスで最も重要なエネルギー要素です。

続きを読む...
石膏製造での圧縮空気乾燥

Remondis Production GmbHの工場にある7つの流動床炉の432本の布製フィルターホースは湿気を嫌います。本来は親水性の石膏の焼成に使われます。圧縮洗浄エア用熱再生吸着式ドライヤーがフィルター内の水と石膏の危険な結合を防ぎますが、以前は別の方法を使用していました。

続きを読む...
輸送と運転媒体としての圧縮空気

砂は全車両のトランスミッションの最大の障害です。一方、トレーリングアーム、シャーシ部品、ベアリング、トランスミッションハウジングなどの自動車部品は、砂型などの鋳造法で作られます。乾燥圧縮空気は自動車製造において信頼できる輸送手段またはプロセス媒体として重要です。

続きを読む...