オイルフリー:難しいアプリケーション向けソリューション

乾燥、ダストなし、オイルフリーの圧縮空気は非常に重要な役割を果たしていますが、しばしば過小評価されています。食品、医薬品、自動車、電子産業などの分野では、しばしば特に高いプロセス安全性に依存しています。これらのアプリケーションを念頭に、BEKO TECHNOLOGIESは実績のある活性炭吸着装置に加えて、オイルフリーおよび無菌の圧縮空気を提供する革新的な触媒ソリューションを提供します。

適切な測定技術もまた、厳しい動作パラメータ、高い運転圧力、温度であっても、定義された制限値が満たされているかどうかを継続的に監視することを可能にしています。

すべての要件に合わせてカスタマイズされるさまざまな手順

ISO 8573-1に準拠した圧縮空気クラス0~1:これらの特に要求の厳しい用途では、ユニークなBEKOKAT技術を使用した触媒酸化プロセスにより、認定されたオイルフリーかつ無菌の圧縮空気を達成しています。

ISO 8573-1に準拠した圧縮空気クラス1~2:ここでは、実証済みの信頼できる活性炭吸着装置CLEARPOINT Vが特殊な活性炭を使用した効率的なオイルべーパー吸着により、システムにオイルが侵入することを防ぎ、同時に低い差圧と長いサービス寿命により優れています。

常にオイルフリーかつ無菌の圧縮空気: BEKOKAT®

当社の触媒コンバーターは、常にオイルフリーかつ無菌の圧縮空気が必要な場合に理想的なソリューションです。経済性とプロセス信頼性を兼ね備え、吸気条件に依存しません。既存の圧縮空気ステーションに簡単に後付けできます。BEKOKATは、特に食品や医薬品などの厳格な製品で使用する場合、高いプロセス信頼性と一定した圧縮空気品質を意味します。

より詳しい情報

CLEARPOINT® V活性炭吸着装置

CLEARPOINT Vシリーズの活性炭吸着装置は、特に大きな体積流量と高圧に適しています。わずか0.003 mg/m³の最小のオイル残量と、極小のエネルギーコストで済む低い差圧の優れた製品です。

より詳しい情報

事実 - 知っておくべきこと

オイルフリーの圧縮空気を選択する場合、オイルフリーのコンプレッサーはすでに汚染されている吸入空気で動作していることを忘れてはなりません。その結果、圧縮空気には車の燃焼エンジンからの排気または近くの製造設備からの排出が、周辺空気よりも高い濃度で含まれることがあります。これにより、多くの場合0.01 mg/m³以上の油分が含まれます(クラス2またはそれ以下の等級に相当)。これはオイルフリーコンプレッサーでも圧縮空気を処理する必要があることを意味しています。

詳細については、ファクトシートを参照してください。

ダウンロード

Product Range
PDF
3 MB
Oil-free solutions

オイルフリー圧縮空気を使用するアプリケーション

医薬品製造用の安全なオイルフリー圧縮空気

医療用品の製造では、最も厳しい衛生基準が製造条件に適用されます。もちろんこれには必要な圧縮空気も当てはまります。敏感な製品を汚染しないように、オイルを完全に除去する必要があります。ドイツのシンゲンに工場がある製薬企業のNycomedは、BEKOが提供する包括的なシステムソリューションを用いて、確実にオイルフリーのプロセスエアーを処理しています。

より詳しい情報
飲料業界での圧縮空気処理

デュースブルク市ヴァルズムにあるRheinfelsQuellenの14本の井戸では、毎時150立方メートルのピュアミネラルウォーターが生産されています。これは1時間あたり浴槽883杯分、または20万7千ボトル分以上になります。水に発泡を加えるには、ただ1つのソリューションがあります。オイルフリーの圧縮空気が最先端の充填プラントおよび周辺システムに供給されます。当社は最先端の触媒プロセスを用いて、圧縮空気システム中の炭化水素を完全酸化しています。

より詳しい情報
食品と直接接触する圧縮空気(MEGGLEの例)

Meggle AGでは、粉末乳糖は圧縮空気を使用してパイプ経由で送られます。使用される搬送用空気は凝集を防ぐために完全に乾燥し、オイルフリーであることが必要です。これはBEKO TECHNOLOGIESのEVERDRY吸着式ドライヤーと活性炭吸着装置によって保証されます。

より詳しい情報
オイルフリーの圧縮空気(LAVAZZAの例)

LAVAZZAにはノイスのBEKO TECHNOLOGIESで作られたBEKOKATが2台設定されているため、ISO 8573-1、クラス1のオイル含量の厳格な要件を上回る常に最高品質のオイルフリーかつ無菌の圧縮空気が保証されています。

より詳しい情報
Surface cleaning at HELLA

Blowing of high-performance electronics via pulsating rotary jets, and tracing of plastic housings with cleaning plasma jets: At the German automotive supplier Hella, compressed air takes over the central tasks in the surface cleaning of safety-relevant components. The most important requirement in this respect: the reliable, complete absence of oil.

より詳しい情報