活性炭吸着装置を使った経済的なオイルフリー圧縮空気

特に残留油分に関してISO 8573-1の圧縮空気クラス1-2に準拠した高い圧縮空気品質を確保するために、CLEARPOINT V活性炭吸着装置は、要求の厳しいシステム設計において効果的で信頼性の高い技術コンポーネントです。

一貫した総合的なコンセプトは、最小の残留オイル含有量の圧縮空気の品質を、非常にコスト効率良く保証します。オイルべーパーと臭気は、圧縮形成された活性炭ペレットの非常に大きな活性表面に吸着されます。当社の活性炭を選択する場合には、一貫した炭素品質を保証する選ばれたサプライヤーと協力しています。圧縮空気の品質とプロセスの信頼性の大きな利点。

必要な圧縮空気量に応じて、BEKO TECHNOLOGIESは適切なソリューションを提供できます

* By connecting several activated carbon adsorbers in parallel, respective higher volume flows can be processed.

CLEARPOINT® V S/M活性炭カートリッジ

低・中体積流量用のCLEARPOINT V活性炭カートリッジ

最大200 m³/hの低・中体積流量、最大圧力5MPa [g]には、CLEARPOINT V S/Mがオイルフリー処理用のクリーンなソリューションを提供します。

最大要件プロファイル用に特別な活性炭カートリッジが開発されました。

  • 残留油分を最小化した高効率の吸着
  • 従来の活性炭フィルターエレメントよりも大幅に長いサービス寿命
  • 交換が簡単なカートリッジでメンテナンスが容易
  • 従来の試験技術に簡単適合

CLEARPOINT® V L
活性炭吸着装置

大体積流量用のCLEARPOINT V活性炭吸着装置

非常に広範な種類のCLEARPOINT V Lが用意されており、あらゆる要件に適したソリューションを提供します。最大体積流量8200 m³/h、最大圧力4MPa [g]。

CLEARPOINT V Lは、特に残留オイル含有量について、高い圧縮空気品質を確保するための効果的で信頼できるソリューションです。要求の厳しいシステム設計に不可欠な技術コンポーネント。優れた性能のための高度な全体設計。

標準バージョンL 205-295 Vの他に、体積流量135 m³/h~8200 m³/hまでのL 1250-8200 V、最大圧力4MPa [g]に適切なオプションのL 1300-5000 V HP (1300 - 5000 m³/h)を提供しています。防火について特別な注意が必要な場合は、要望に応じてすべてのモデルでVHバージョン(特殊カーボンを採用し耐火性に優れたソリューション)を提供しています。


CLEARPOINT® V L活性炭吸着装置の利点

CLEARPOINT® Vの技術データ

    活性炭フィルターカートリッジ 活性炭吸着装置 活性炭吸着装置 高圧活性炭吸着装置
パラメータ 装置 S055 – M018 VWM (HP) L 205 - 295 V
L 205 - 295 VWM
L 205 - 295 VH
L 1250 - 8200 V
L 1250 - 8200 VWM
L 1250 - 8200 VH
L 1300-5000 V HP
体積流量 m³/h 50~200 135~1550 1250~8200 1300~5000
最大動作圧力 MPa [g] 1.6(オプションで5) 1.6、L 295 V:1.1 11 40
最大動作温度 °C 45(25未満を推奨 50℃(35未満を推奨)
50℃(35未満を推奨) 50℃(35未満を推奨)
最大サービス寿命 時間 2,000~3,500 10,000 10,000 10,000

* By connecting several activated carbon adsorbers in parallel, respective higher volume flows can be processed.

ダウンロード CLEARPOINT V

Brochure
PDF
254 KB
CLEARPOINT V active carbon adsorber
Manual
PDF
946 KB
CLEARPOINT L 205 – L295 VWM
Manual
PDF
1 MB
Manual CLEARPOINT S055, M010X, M018

事実 - 知っておくべきこと

ISO 8573 品質クラス1の圧縮空気を生成するには、ほとんどのオペレーターが活性炭吸着材によって圧縮空気から油分子を取り除く必要があります。活性炭は水蒸気も吸着するため、特に空気中に大量の水蒸気が含まれている場合は、すぐに消費されてしまいます。この時点で、活性炭吸着材は油分子を吸着できなくなり、下流の圧縮空気の濃度が品質クラス1(0.01mg/m³以下)の制限を超えます。長いサービス寿命と、一貫した低残留オイル含有量のためには、活性炭を入れる前に圧縮空気を乾燥させる必要があります。

詳細については、当社のファクトシートを参照してください。

当社の測定技術(特にオイルべーパー測定)

オイルで汚染された圧縮空気は生産設備や環境を害し、さらには健康を損なうこともあります。オイルによる汚染は圧縮空気処理のあらゆる段階で発生する可能性があり、特に化学および製薬業界、食品および飲料製造施設、表面仕上げなどの厳格な製造分野ではリスクを過小評価してはなりません。

適切な測定技術を用いて、定義された限界値を確実に測定できるかどうかを監視できます。METPOINT OCV compactは圧縮空気のオイルべーパー含有量を継続的に分析し、逸脱した場合にアラームを出力します。対照的に、アナログオイル試験インジケーターはそれぞれの処理装置で定期的な直接測定を可能にします。

METPOINT® OCV compact

METPOINT OCV compact(オイル含有ベーパー)は、残留オイルべーパー含有量の継続的なオンライン監視と文書化を可能にします。測定セクションは活性炭吸着装置の圧縮空気出口に直接配置されています。つまり、METPOINT OCV compactはシステムのプロセス安全性を高めるために重要な役割を果たします。

続きを読む

オイル試験インジケーターによる安全性の向上

圧縮空気の品質を判断するために、オイル試験インジケーターと圧力計を備えたアダプターをフィルターハウジングの先端に取り付けることができます。ニードルバルブが完全に開くと、定義された体積流量が試験管に流れます。圧縮空気に含まれるオイルは、試験管の下部から上部にかけて徐々に赤く変色します。

オイル試験管は圧縮ガスシステムの処理装置の下流または圧縮ガスネットワークの地点での残留オイル量の定期測定に使用されます。負荷制限に達するまで、複数回の測定が可能です。

オイルフリー圧縮空気を使用するアプリケーション

医薬品製造用の安全なオイルフリー圧縮空気

医療用品の製造には徹底した衛生基準が必須です。圧縮空気も例外ではありません。繊細な製品を汚さないようオイルを完全に取り除きます。独製薬企業Nycomedのシンゲン工場ではBEKOの包括的システムソリューションを用いてプロセスエアーをオイルフリーで処理しています。

続きを読む
飲料業界での圧縮空気処理

デュースブルク市にあるRheinfelsQuellenの14の井戸は、毎時150立方メートルのミネラルウォーターを生産。最先端の充填プラント・周辺システムに供給されたオイルフリーの圧縮空気が発泡を加えます。最先端の触媒プロセスを用いて圧縮空気中の炭化水素を完全酸化しています。

続きを読む
食品と直接接触する圧縮空気(MEGGLEの例)

Meggle AGでは、粉末乳糖は圧縮空気を使用してパイプ経由で送られます。使用される搬送用空気は凝集を防ぐために完全に乾燥し、オイルフリーであることが必要です。これはBEKO TECHNOLOGIESのEVERDRY吸着式ドライヤーと活性炭吸着装置によって保証されます。

続きを読む
オイルフリーの圧縮空気(LAVAZZAの例)

LAVAZZAにはノイスのBEKO TECHNOLOGIESで作られたBEKOKATが2台設定されているため、ISO 8573-1、クラス1のオイル含量の厳格な要件を上回る常に最高品質のオイルフリーかつ無菌の圧縮空気が保証されています。

続きを読む