Membrane dryer hero

膜式ドライヤー:測定のために乾燥

しかし、この圧縮空気がアプリケーションに必要とされる乾燥の場合に使用される場合のみ、完全な省エネ性能を発揮します。ここでは、乾燥圧縮空気の最高の信頼性と即時可用性が一般要件です。これは研究室だけでなく、工場のホール、屋外エリア、可動式/固定式アプリケーションにも適用されます。

DRYPOINT® M PLUS膜式ドライヤー

ドライヤーとフィルターが一体型

コンパクト、高い信頼性、電気不要:DRYPOINT M Plus膜式ドライヤーは、選択性の高いメンブレンで圧縮空気を乾燥します。+15℃~-40℃の圧力下露点を達成できます。これが動作条件が変わるアプリケーションでも、さまざまなアプリケーションに利用できる理由の1つです。追加のボーナス:組み込みナノフィルターは、効率的なフィルター要件をすべて満たし、それによってメンブレンも保護します。

より詳しい情報

DRYPOINT® M eco controlは、電子制御膜式ドライヤーです

DRYPOINT® M eco controlにより、一歩前進:これはこれまでにないユニークなソリューションを提供します。このモードは動作モードと乾燥度をアプリケーションに合わせて最適に調整でき、エネルギーを節約できます。

DRYPOINT M eco control膜式ドライヤーは、要件のプロファイルに合わせてキーボードから+10℃~-26℃の「一定モード」に圧力下露点を設定できます。動作モードでは、ユニットは動作条件が変化しても、出口側の圧力下露点を安定に維持します。「ダイナミックモード」では出口側圧力下露点から圧縮空気温度までの定義された距離を選択できます。

より詳しい情報

ハイブリッド機関車での圧縮空気の処理

自動車工学の流行のコンセプト、レール上ですでに実証済みの技術:ハイブリッド駆動。機関車のディーゼルエンジンと最先端のバッテリーを組み合わせることで、最大50%の燃料を節約できます。常に搭載されているのは油圧ブレーキの操作に必要な複雑な「携帯型」圧縮空気処理システムです。

続きを読む