圧縮空気処理のドレン処理技術

大気中には水分が含まれているため、コンプレッサーで大気を圧縮する際には必ずドレンが溜まります。空気中に含まれている塵やホコリの粒子、エアロゾルなどの汚染物は、ドレン中に高濃度で存在します。ドレンは圧縮空気処理(ろ過および乾燥)プロセスでも蓄積を続けます。ドレン処理技術により、下水に流入させてはならないこの汚染された、環境に有害な廃棄物を排出および処理することができます。

ドレン排出装置BEKOMAT®

ドレンは圧縮段階からフィルターまたは乾燥の処理まで、圧縮空気システムのほとんどのステーションで生成されます。BEKOMATは圧縮空気からドレンを除去し、アプリケーションに最適な品質を実現するのに役立ちます。これを行うことで、エネルギー消費およびコストが低く抑えられます。世界中の有名なコンプレッサーメーカーが、BEKOMATのインテリジェント技術を採用しています。

より詳しい情報

ÖWAMAT ®とBEKOSPLIT ®を使ったドレン処理

ドレン処理は、ドレン排水後の次の段階です。法律によって、遵守しなくてはならない明確な規定が定められています。ÖWAMAT油水分離システムとBEKOSPLITエマルジョン分離装置を使用することで、環境に優しく、低コスト、法令に準拠した方法でドレンを処理できるとともに、非常に短期間で償却できます。

油水分離器: ÖWAMAT®

環境に優しいドレン処理の、さらに経済的なソリューションは、現場で直接行う油水分離です。ÖWAMATで処理された処理水は、直接下水に排出できます。

より詳しい情報


エマルジョン分離装置: BEKOSPLIT®

BEKOSPLITはエマルジョンを分離し、経済的な処理を可能にします。当社のエマルジョン処理システムは、油で汚染された産業排水の処理を実現します。

より詳しい情報


ご存知でしたか?ドレンの特徴

分散したドレンは一定時間後に複数層に分離します。この場合、ドレンはÖWAMATで処理できます。エマルジョン含有のドレンは一定時間経過後も分離しません。このためBEKOSPLITによる処理が必要です。

BEKO TECHNOLOGIESは自社研究室でドレンを分析し、御社のアプリケーションに関連する特性を分析できます。これに基づいて、御社のシステムのための適切な処理経路と正しいシステム設計を決定できます。BEKO TECHNOLOGIESの分析サービスは、同時に法的な環境規制への遵守を保証します。

サービスに連絡

ドレン技術の応用

段ボール工場での圧縮空気の製造

100以上の工場に約1.9万人の従業員がおり、ドイツで段ボールの生産と加工を専門にしています。圧縮空気とその加工は、生産プロセスで重要な役割を果たしています。特に、圧縮空気中の水分は、植物、原材料、最終製品に大きな影響を与えます。

より詳しい情報
HELLA KGaA Hueck & Co.の表面洗浄

脈動式回転ジェットによる高性能エレクトロニクスのブロー、プラズマジェットクリーニングによるプラスチックハウジングのトレース:ドイツの自動車部品メーカーHellaでは、圧縮空気が安全関連部品の表面洗浄の中心的な役割を引き継ぎます。この点で最も重要な要件は信頼性と完全なオイルフリーです。

より詳しい情報
ハイブリッド機関車での圧縮空気の準備

自動車工学の流行のコンセプト、レール上ですでに実証済みの技術:ハイブリッド駆動。機関車のディーゼルエンジンと最先端のバッテリーを組み合わせることで、最大50%の燃料を節約できます。常に搭載されているのは油圧ブレーキの操作に必要な複雑な「携帯型」圧縮空気処理システムです。

より詳しい情報
医療用にオイルおよび無菌

医療用品の製造では、最も厳しい衛生基準が製造条件に適用されます。もちろん圧縮空気も当てはまります。敏感な製品を汚染しないように、オイルを完全に除去する必要があります。ドイツのシンゲンにある製薬企業のNycomedは、BEKOが提供する包括的なシステムソリューションを用いて、確実にオイルフリーのプロセスエアーを処理しています。

より詳しい情報